仮面ライダーセイバーがネタバレ!2021年次回作ライダーと思われる名前が商標登録申請された件

先日、今年は次回作への
アプローチが少ないですね~、
という話をしましたが・・・

とうとう出ました!!
次回作と思われる名前の商標登録申請!

さっそく確認です!!

2021年新ライダーは「仮面ライダーセイバー」?

商標登録申請された名前

先日公開された、
商標登録申請された名前。
“仮面ライダーセイバー”

まだ申請された段階で、
審査が通って登録された訳ではありませんが、
順調に登録されれば
(つまり、重複する商品がなければ)、
そのまま次回作のタイトルになる、
つまり、次ライダーネームとなるのが、
商標登録申請です。

その名前が、
“仮面ライダーセイバー”
“仮面ライダー聖刃”
“仮面ライダーSABER”

過去には登録申請された名前が通らず、
違う名前になったライダーもいましたが、
ほぼほぼこの名前で決定、
と思われます。

名前から見るライダー考査

“仮面ライダーセイバー”

タイトルである、ライダーの名前は「セイバー」
漢字表記だと「聖刃」
英語表記で「SABER」

完全に剣ですね。

“セイバー”の言葉の意味としては、
英語で“saber”だと、
刀剣の一種であるサーベル。

過去にこの綴りの“セイバー”で、
他社からも車だったり、バイクだったり、
様々な商品のネーミングに使用されています。

言葉のイメージとして、
シュッとした感じだったり、
凛とした感じ、紳士的、肉体的な強さ、
心の強さ、といったイメージが
ありますよね。

また、申請されている綴りとは違いますが、
“saviour”だと救世主、
“saver”だと救助する者
(ライフセイバーなど)
といった意味があります。

今回は英語の綴りも申請されていますが、
そこまで厳密にする必要もない
と思いますので、
上記の救世主とか、
救助者といった方向性も
考えられますね。

今の世情を鑑みて、
剣を使ってコロナ的な敵を倒す、
ということも考えられますね。

何となく「三銃士」を
彷彿とさせるネーミング
ではありますが、ね(^^)

ライダーファンの皆さんだと、
「剣」がメインのライダーといえば、
仮面ライダーブレイドを思い出すと
思います。

仮面ライダーブレイドは、
確かにメイン武器は剣でしたが、
どちらかというと、剣メインではなく、
トランプメインだったので、
あまり「剣」というイメージは
ないと思います。

他のライダーも大抵メイン武器は
剣ですしね。

となると漢字表記である「聖刃」が
気になるところで、
こういった、何というか・・・
キラキラしたイメージをもつ言葉を、
メインである名前に出すこと自体が
ライダーではかなり珍しいと思うので、
どんなライダーなのか注目ですね。

もしかしたら、主人公の名前が聖(ひじり)
とかかもしれないけどね~。

まとめ

コロナで一気に変わってしまった世の中。
ワクチンがない現時点では、
まだまだいつ感染拡大があるか
わかりませんので、
次回作も、その対応できるような
柔軟性を持たせた作品になることは
間違いないでしょう。

そういった意味では、
剣アクションは見た目が派手だし、
ディスタンスを取っても
成立しますよね。

“鬼滅の刃”が爆発的に
フィーバーしたこともあり、
「刃」アクションが人気なことも
影響しているかもしれません。

その技やスタイルで、
それぞれの個性を出すことも容易ですし。

そういった意味でも、
剣メインのライダーは、
カッコいいのことが
想像は付くのですが・・・・

「刃」の前に付く「聖」の
キラキラ感がどうにも気になる次第です・・・

戦隊っぽくない??

こちらの作品もチェックできます

1 COMMENT

ブレイド

ブレイドは主人公が♠︎、♠︎には剣を象徴する意味合いが含まれていますよ。
武器が剣だからとかじゃないです。
ちゃんとお勉強してから記事にしてくださいね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です